本文へスキップ

TEL. 092-832-5400

〒814-0001 福岡市早良区百道浜二丁目1番22号

社長メッセージ Message

 企業情報 > ごあいさつ

はじめに

 当社は、従来の第3セクター方式とは異なり、民間企業の経営ノウハウや技術力を最大限活用するため、PFI的手法を採用し、ごみ処理技術を有する福岡市と発電技術ならびに民間の経営能力を有する九州電力株式会社のパートナーシップにより、公共サービスをご提供しています。
 当社は、ごみ処理という市民の大切なライフラインの一端を担うため、安定継続した運営を行うことはもとより、施設の運営管理において環境保全の徹底を図り、資源・エネルギーの有効利用を推進し、循環型社会形成に貢献しています。


ごあいさつ





 このたび、代表取締役社長に就任いたしました日下部修でございます。
 当社は平成17年8月に民間主導(PFI事業)の廃棄物中間処理事業として操業を開始し12年を迎えることができました。これもひとえに当社をご利用いただく皆さまや地域の皆さまのご理解と、ビジネスパートナー様の格別のご支援があったからこそと、心より感謝いたしております。
 今後も当社をご利用いただく全てのお客さまの期待に応える、新しい官民連携システムがより一層効果的に機能していくよう努力してまいります。
 引き続き、皆さまの変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。

 さて、平成28年度に当社が受け入れたごみ量につきましては、福岡都市圏南部工場の操業開始に伴い、平年並みの195,590tとなり、福岡市の処理計画に基づいて安定したごみ処理を行うことができました。また、電力供給につきましても、長期安定供給の確保及び設備の長寿命化を目指し、平成26年度から3か年計画で実施した1号〜3号ボイラー過熱器パネルの更新工事を終え、引き続き安定した供給を行うとともに、バイオマス発電部分については固定価格買取制度を利用した収益の確保ができました。
 福岡市におけるごみ処理量は、「新循環のまち・ふくおか基本計画」に基づき、食品廃棄物のリサイクル等の民間事業者による取組みの促進など、ごみの発生抑制や資源の再使用、再生利用に重点を置いた3Rの推進等諸施策の実施により、今後、ごみ処理量の削減を目指す計画となっており、当社へのごみ搬入量も減少することが予想されます。
 当社におきましても、PFI事業の趣旨に基づき、民間の技術や経営ノウハウを最大限活用し、より良いごみ処理サービスを提供する「民間主導の事業者」として、あらゆる状況変化に適切に対応するとともに、安全・安定で確実なごみ処理を継続することはもとより、より価値あるサービスの提供に努めてまいります。

 今後も、皆さまに安心していただけるライフラインの確保と、豊かな自然や環境をまもり循環型社会に適応した事業活動の推進に努めるとともに、会社設立時の理念の1つである、当社の技術ノウハウ等を活用し、自治体等への技術支援業務についても積極的に取り組んでまいります。

                       <平成29年6月>










バナースペース

株式会社福岡クリーンエナジー

本 社
 〒814-0001
 福岡市早良区百道浜二丁目1番22号
 TEL 092-832-5400
 FAX 092-832-5403


東部工場
 〒813-0023
 福岡市東区蒲田五丁目11番2号
 TEL 092-691-2999
 FAX 092-691-2992